私はニュー・オーダー(以下NO)をなめていました。

彼らの曲は私の中で「深読みいらず」カテゴリーに入っていたのですが、今回の訳でそうではないことがわかりました。

お歌がお上手ではないおかげで(失礼)わりと歌詞がスッと聴き取れていましたし、その聴き取れる歌詞も「わざと濡れるために雨の中を歩いた」とか(これはElectronicのGetting away with Itですね)、「君の見てる写真は僕の写真じゃない」(Round and Round)とか、「うーんわかりやすい」なんて勝手に思っていました。

でも、簡単な部分だから私でもわかりやすかった、んですよね…

今回歌詞を和訳するにあたり、初めて文字で読んだんですが…
「この主人公、男?!女?!」 
と悩んでしまって。
なぜならずーっと兄を思う弟の歌だと思い込んでいたからです。

まずは歌詞と対訳です。

It was January, nineteen-sixty-three
When Johnny came home with a gift for me
He said I bought it for you because I love you
And I bought it for you 'cause it's your birthday, too
He was so very nice, he was so very kind
To think of me at this point in time
I used to think of him, he used think of me
 
He told me to close my eyes
My gift would be a great surprise
I saw tears were in his eyes
He never meant to hurt me
Oh, God, Johnny, don't point that gun at me
There's so many ways our lives have changed
But please, I beg, don't do this to me
Johnny, don't point that gun at me
Can I save my life at any price?
For God's sake won't you listen to me?

And though he was ashamed that he had took a life
Johnny came home with another wife
And I often remembered how it used to be
Before that special occasion, nineteen-sixty-three
There was too many ways that you could kill someone
Like in a love affair, when the love has gone
He used to think of her, she used to think of him
 
He told me to close my eyes
My gift would be a great surprise
I saw tears were in his eyes
He never meant to hurt me
Oh, God, Johnny, don't point that gun at me
There's so many ways our lives have changed
But please, I beg, don't do this to me
Johnny, you keep on using me
Can I change my life for any price?
Oh, Johnny, won't you listen to me?

He told me to close my eyes
My gift would be a great surprise
I saw hatred in his eyes
But he never meant to hurt me
Oh, God, Johnny, don't point that gun at me
There's so many ways our lives have changed
But please, I beg, don't do this to me
Johnny, you keep on using me
Can I change my life for any price?
Oh, Johnny, won't you listen to me?

I just want you to be mine
I don't want this world to shine
I don't want this bridge to burn
Oh, Johnny, do you miss me?
I just want to feel for you
I will always feel for you

I will always feel for you
I will always feel for you
I will always feel for you

1963年1月のことだった
ジョニーがお土産を持って帰ってきたのは
「君が大好きだからこれを買ってきたんだよ
それに君の誕生日だからね」と言って
僕を思いやってくれて
とても優しくて親切だった
この時点では
僕も彼もお互いを思いやっていた
 
目を閉じてと言われて
プレゼントはすごいサプライズになるはずだった
彼の目に涙があふれていた
決して僕を傷つけるつもりじゃなかったんだ
ああジョニー、その銃を僕に向けないで
僕らの人生が変えてしまったことはたくさんあるけど
お願いだからやめてくれよ
ジョニー、その銃を僕に向けないで
お願い、僕を殺さないで
頼むから僕の言うことを聞いてよ

妻殺しを恥じていたけど
ジョニーは次の奥さんを連れて帰ってきた
そして僕はあの時まではどうだったかとよく思い出す
あの1963年の出来事までは
君が誰かを殺しそうになることはたくさんあったけど
愛の終わりのセックスなんかでね
彼も彼女もお互いを思いやっていたんだ

目を閉じてと言われて
プレゼントはすごいサプライズになるはずだった
彼の目に涙があふれていた
決して僕を傷つけるつもりじゃなかったんだ
ああジョニー、その銃を僕に向けないで
僕らの人生が変えてしまったことはたくさんあるけど
お願いだからやめてくれよ
ジョニー、君は僕を利用してきたよね
お願い、僕を殺さないで
頼むから僕の言うことを聞いてよ

目を閉じてと言われて
プレゼントはすごいサプライズになるはずだった
彼の目に涙があふれていた
決して僕を傷つけるつもりじゃなかったんだ
ああジョニー、その銃を僕に向けないで
僕らの人生が変えてしまったことはたくさんあるけど
お願いだからやめてくれよ
ジョニー、その銃を僕に向けないで
お願い、僕を殺さないで
頼むから僕の言うことを聞いてよ

君を僕のものにしたいだけなんだ
輝いた世界なんていらない
後戻りできなくなるのはイヤだ
ねえジョニー、僕がいないと寂しい?
君を理解したいだけなんだ
これからもずっと君の心に寄り添っていくよ
これからもずっと
これからもずっと
これからもずっと

どうでしょう皆さん?
解釈した内容を箇条書きで説明します。
  1. 悪い兄とその弟
  2. 兄が弟にプレゼント持って帰省
  3. かと思いきや銃を向けられた
  4. 弟「殺さないでー」
  5. 兄は妻殺し(※take a lifeで殺人、次のanother wifeで殺されたのは前の妻と解釈)
  6. でも次の嫁連れて帰省
  7. 殺されかける前はどうだったっけ
  8. 1963年の出来事がよみがえる
  9. 弟「殺さないでー」
ここまではよかった。しかし、

I just want you to be mine


え?!「君を自分のものにしたい」
主人公は弟じゃなく彼氏…いや彼女…いやどっちだ?!

と激しく悩み、他の歌詞和訳サイトをいくつか拝見しました。
いろいろな解釈があり、余計混乱したので、第一印象通り「悪い兄と独占欲の強い弟で行こう!」と決めました。
今さらNOの人に「ねえねえこれどういう意味?」と聞くこともできませんし、聞いたところで「知るか!」と言われるのは間違いありません。多分それほど深い意味で書かれた歌詞ではないと思います。
とはいえ、リスナーに何かを訴えかけたいというものではなく、淡々と出来事を羅列していくような、そういう流れのものが、NOの歌詞には多いのではないかという印象を受けました(個人の感想です)。

ということで、やっつけ和訳ですが、よろしくお願いいたします。

この曲を収録しているアルバムはこちら↓


補足:なぜ兄と弟と思ったかというと、歌詞を書いているシンガーのバーナード・サムナーさんが1956年1月生まれで、曲の主人公の誕生日も1月、1963年なら7歳、幼い弟を苦しめる兄、という図式が私の中で出来上がってたんですね。実際バーナードさんの身に起こったことかどうかは不明ですが。

お読み頂きありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております。

ブログランキングに参加しております。バナーのクリックをお願いします!

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村


にほんブログ村 英語ブログ 洋書・洋楽の英語へ
にほんブログ村